龍涎香(りゅうぜんこう)とは?

愛知医科大学非常勤講師
神保太樹先生の学術コメント

 

アンバーグリスとは日本語にすると龍涎香(りゅうぜんこう)といいます。
これはマッコウクジラの腸内分泌物が発酵および酸化したものと考えられており、
品質にもよりますがきわめて高貴かつ独特なにおいがします。

品質としては、俗にホワイト、ブラウン、ブラックという三種類の区分がありますが、
ホワイトが最も高品質であり、ブラックが最も低品質といわれています。

特にブラックには糞臭があり、そのため香水などに用いるのは難しい側面もあるようです。

これら品質がなぜ変わるのかといえば、個体差の問題もありますが、最も大きな違いは、海をただよったかどうかであろうと推察されています。